カウンター席

よりお近づきになりたい!!

デートは重ねてきたし、いろいろ会話もしているけれど、いまいちお近づきになれない…
恋活中、婚活中の皆さんには悲痛な心の叫びがあります。

では、どうやったらよりお近づきになれるでしょう?

それはずばり「相手の懐にはいること」です!

よく柔道などの格闘技や一部の球技などで聞く言葉ですが、恋愛でいうところの「懐」とは、相手のパーソナルスペースに入ることをいいます。

パーソナルスペース??

パーソナルスペースとは、これ以上近付いてほしくない距離のことをいいます。
知らない人なら手が届かない範囲、知っている人なら手が届いても良い距離、恋人なら密接した距離など、その人との関係性を示す距離です。

つまり、皆さんはより距離を詰めて密接した距離に入りたい、と思っているわけです。

しかし、相手との関係性ができていなければ、いきなり入ると嫌われるどころか二度と会ってくれない恐れもあります。
ではどうしたらよいか…

それは…「横から入る」のです。

電車に乗っているシーンを想像してみてください。

満員電車で前に人が立つとどうですか?…イヤですよね。
後ろだとどうですか?…密着していてもあまりイヤではないですよね。
横だとどうですか?…それほどイヤではないですよね。

そうなんです。
パーソナルスペースは、場所によって距離感が変わるのです。

一番、後ろが嫌がられることなくパーソナルスペースに入れるのですが、それだと会話ができません。
そのため、「横から懐に入る」というのが正解なのです。

これをデートに使おうとすると、タイトルの通り「カウンター席」でのデートがベスト、ということなのです。

例えば、
 ・夜景のキレイなレストランの外向きのカウンター席
 ・パフォーマンスを見せてくれる鉄板焼きレストランのカウンター席

など、カウンター席という同じ目線でいられる環境であることを利用すれば「あそこのエリアきれいだね」とか「今のパフォーマンスすごいね」とか盛り上がることこの上なしです。

そのうえ、肩が触れ合うほど近くにいても嫌がられない!

しかも一度密接した距離に入ると親近感が増し、今後より密接した距離にはいりやすくなるという特徴もあります。
つまり、次回から頑張らなくても密接した距離に居られる、ということのなのです。

どうやってお近づきになろうか悩んでいる方がいましたら、ぜひ試してみてください。