フィルタリングには気を付ける

恋活や婚活における「フィルター」ってなんだかわかりますか?

コーヒーやエアコンなどでよく聞く「フィルター」ですが、恋活や婚活におけるフィルターも同じような意味を持ちます。

つまり、通すか通さないかがフィルターですから、恋活や婚活においても同じだということです。
20代がいい、1000万以上がいい、いろんな条件があるかと思いますが、それを設定するのがフィルターです。

例えば、30歳になったのが今日だとしても、もう20代ではないので選ばれなくなりますよね。
999万稼いでいても、1000万以上ではないので選ばれなくなります。

通常の恋愛であれば、こういう細かなデータはおいおいわかってくるものです。
もしかしたら、結婚するまでわからないこともあるかと思います。

しかし、恋活アプリや婚活アプリ、結婚相談所など、データを検索してマッチングしていく場合、そうもいきません。
フィルターとは恐ろしく忠実に作動します。

だからこそ、注意が必要です!

すごく良い人が1日の違いなどでヒットしなくなっている可能性があるということです。
自分の対象が20代だとしても、少し広げて検索するだけで景色が変わるということです。

その点を注意して考えてみてください。

これを知っているだけで運命の人に会える確率が大きく変わりますよ♪