離婚したカップル

前回は「アドバイスを求めたいときに未経験者は妥当か?」というテーマでお話しました。

今回は、その逆です。
経験者にアドバイスを求めてはいけないケースです。

もし別れた方がよいか悩んでいる場合は注意が必要です。

もしあなたが別れたほうが良いかどうか?と考えて経験者にアドバイスを求めた場合どうなるでしょうか。

経験者は、別れた後の独りの快適さや自由さを伝えてきます。
つまり、現状の悩みに対するアドバイスというよりは、別れた後の未来を教えてくれるわけです。

結婚など望むべき未来に対してアドバイスを求めるときは、経験者からの意見はひっぱりあげてくれる良いアドバイスになります。
しかし、別れたいとは思っておらず、別れるべきかどうかなど現状の悩みについてアドバイスを求めるときは、経験者からの意見は「別れ」にひっぱられてしまうことになります。

これを理解した上でアドバイスを求める、もしくは経験者という立場ながら中立でアドバイスをくれる方であれば良いと思います。

このあたりを注意するようにしてください。

よくあるやってはいけないケースは、「離婚すべきかどうか」悩んでいるときに離婚経験者にアドバイスを求めるケースです。
こちらはまだ悩んでいる状態なのに、経験者は「別れた後の快適な生活」などを推してきます。
どんどん、別れた方が良いような感覚に襲われることになってしまうのです。

経験者に聞いた方が良いケース、聞かない方が良いケースは条件によってさまざまです。
これは、相手がどう考えているか、どういう人物か、ということに関わってきます。
信頼のおける相手であれば大丈夫ですが、そうでない場合は気をつけましょう。

もしそういう相談者がいない!というのであれば、東京オトナ恋活のカウンセラーを頼ってください。
あなたの良き理解者としてアドバイスさせて頂きます。